公の心理マーケティング

Webマーケティングと店舗・ネットショップの売上アップのための販促や集客方法を更新しています!

ネットショップの売上アップへ!コンバージョン率を上げるカートボタンの色とは?


スポンサードリンク


f:id:suzuki-kou:20151113102048j:plain

 

こんにちは!
Web心理マーケターの鈴木 公(@KouShinri)です!

 

カートボタンは意外と重要なポイント!

 

興味を持ってもらい、「よし! 買おう!」となったときに、「あれ? どこに購入ボタンがあるの?」となった瞬間……。ユーザーは離れてしまいます。

だからそうならないためにも、カートボタンは「いかに目立つか?」「わかりやすいか?」が重要なポイントとして、よく取り上げられています! 目立ち、分かりやすくすることで売上がアップするのであれば、当然ですね!

 

でも、どうやって目立たせていけばいいのか? わかりやすくしていけばいいのか?

 

もちろんそれには、「色」「大きさ」「配置」「文字」が関係してきますが、今回はタイトル通り、コンバージョン率を上げる「カートボタンの色」を軸にご紹介していきます。

それでは順番に見ていきましょう!

 

 

カートボタンの色は緑色かオレンジ色と言われているが……

 

f:id:suzuki-kou:20151104142954j:plain

「カートボタンの色は何色がいいのだろう?」

あなたも売上を上げるために、そう考えたことがあるかもしれませんね。

 

ちなみにその答えは、「緑色」か「オレンジ色」

これは多くの広告心理にも記載されてあるし、「カートボタン 色」と検索すればいろいろと出てくる。だから、あなたも知っていたかもしれません。

 

 

緑色はクリック率が1%ほど高い!

ちなみに、「mozilla」で更新された記事にも「緑・青・紫・オレンジ」各色の比較が書かれています。

f:id:suzuki-kou:20151118204212p:plain

 

f:id:suzuki-kou:20151118165745p:plain

(参考⇒Firefox is Green

 

そう! つまり、「緑色」が基本的にクリック率が高く、1%以上の差をつけていることになるのです!

ネットショップでも「緑色」にすることで、コンバージョン率が1%上がり、売上もアップにつながることになりそうですよね!

 

でも、「Firefox」をよく見てみると、背景色は「薄い青色」。また、「Firefox」自体の色は「青色+オレンジ色」。

そのため、この4色の中で「緑色」が反対色に近く、目立ちやすい。だから、クリック率が高くなったのかもしれません。この点は考えておきたいところですね!

 

そうはいっても、「緑色」はユーザーに与える印象も良く、「安心・安全にクリックが押せる」イメージを与えてくれる色です!

だから、コンバージョン率を上げるカートボタンの色として、「緑色」は違和感なく使えそうですよね!

 

有名なネットショッピングモールはオレンジ色が多い!

では、カートボタンの色として「オレンジ色」はどうでしょうか?

もちろん、飲食系ならおいしいイメージのまま購入につながりやすいでしょうし、反対色の「青色」を中心に使うサイトなら余計に目立つので次のステップにながりやすいでしょう!

また「青色」はWebサイトで最も多く使われている色。そのため、反対色の「オレンジ色」も同様によく使われ、ユーザーも見慣れている色でもありますね!

 

ちなみに、「オレンジ色」は有名なネットショッピングサイトでもよく見かけます!

 

例:アマゾンの場合

f:id:suzuki-kou:20151118173858p:plain

 

 

例:Yahoo!ショッピングの場合

f:id:suzuki-kou:20151118173859p:plain

 

 

両方ともに、「食べ物」を含めいろいろな商品を扱う総合サイト!

このように見ていくと、「食べ物」「食材」「飲食店」なども取り扱うサイトやネットショップであれば、「オレンジ色」は真っ先に使ってみたい色になりそうですよね!

 

 

商品やテキスト、背景とのバランスが大事!

f:id:suzuki-kou:20151104143201j:plain

 

「じゃあ、カートボタンは緑色かオレンジ色にしよう!」

安心するとそう思いやすいものです。それに、集団心理がある。だから、「みんなと合わせよう!」「みんなと一緒なら安心だ!」となりやすいですよね。

 

でも全部が全部、「緑色」や「オレンジ色」にすべきではありませんね!

たしかに、開設間もない初期段階や、その他業務に忙しい場合はその考えでいいでしょう。それがベストに近い状況です。

ただし、あなたにはあなた独自の商品やサービスがあり、サイトやネットショップがあり、説明文などの文体も含めて、それぞれ放つ色が違っているはずです!

それに、サイトと同系色のカートボタンは見えにくい。たとえば、「緑色」が中心のサイトに「緑色」のカートボタンを設置しても目立ちにくいですよね。「オレンジ色」でも同じことが言えます。

 

つまり、総合的に見て、「何色だったら、購入につながっていくかな?」と考えてみることが大切になっていきます!

 

「どの色のカートボタンがいいのか?」

商品やテキスト、背景とのバランスを考えて、最適な色を見つけていきましょう! そして、コンバージョン率と売上アップをしていきましょう!

 

 

まとめ

カートボタンは最後の砦。

だからこそ、「カートに入れる」や「購入」をスムーズにクリックし、次につなげていきたいものですよね!

そのためにも、カートボタンの色はとても重要な意味を持ち、その色によって目立ったり、わかりやすく誘導していくことができるのです!

もちろん、一般的には、「緑色」や「オレンジ色」が中心ですね。

でも大事なことは「バランス」です! 「商品やテキスト、背景とのバランス」が大事です!

コンバージョン率アップと売上アップに向けて、カートボタンが他の部分に埋もれないようにしていきましょう!

ちなみに前回の記事では、色彩心理の効果について取り上げたところ、大きな反響がありました! カートボタンの色決めの参考に、こちらの記事もご覧くださいね!

 

kou-shinri.hatenablog.com

 

 

今回ご紹介したサイトを参考に、少しでも良いサイトやネットショップ運営につながれば嬉しい限りです!

 

Copyright © 2016 公の心理マーケティング All rights Reserved.