公の心理マーケティング

Webマーケティングと店舗・ネットショップの売上アップのための販促や集客方法を更新しています!

サイト運営者必見!Googleアナリティクスでユーザー属性と興味関心を分析する簡単な方法


スポンサードリンク


f:id:suzuki-kou:20151130103044j:plain

  

こんにちは!
Web心理マーケターの鈴木 公(@KouShinri)です!

 

ファンの属性興味・関心が少しでも明確になると、サイト運営や分析がよくなりますよね!

「これが好きな人にはこれを発信しよう!」
「こういう人にはあれを伝えよう!」

そんなふうに、伝わる人に伝えたいことを届けられるようになりますね! だから、ファンの属性や興味・関心は、会社サイトやECサイトに限らず、気になることの1つです。

そんな大切な情報である「ユーザーの属性や興味・関心」も、Googleアナリティクスには分析できる機能があります。

それは「ユーザー属性とインタレスト カテゴリ」というレポート!

このレポートによって、年齢、性別、興味・関心ごとにユーザーを分析できるのです!

 

ということで今回は、「ユーザー属性とインタレスト カテゴリ」の設定方法3ステップと簡単に利用可能なデータについて、ご紹介していきたいと思います!

 

 

「ユーザー属性とインタレスト カテゴリ」を有効化しよう

分析できるようにするためにも、まずはGoogleアナリティクスで「ユーザー属性とインタレストカテゴリ」を有効化していきます!

といっても意外と簡単! 3ステップで設定ができるようです。

順番にみていきましょう!

Step1.「プロパティ設定」をクリックする

f:id:suzuki-kou:20151204163924p:plain

Googleアナリティクスのホーム画面上部の「アナリティクス設定」を選択し、プロパティの欄から「プロパティ設定」をクリックします。

 

Step2.「広告向け機能」をオンにする

f:id:suzuki-kou:20151204163925p:plain

画面が切り替わりスクロールしていくと、「広告向け機能」の設定箇所がありますね。

その設定を「オン」に切り替えます。

 

Step3.「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」を有効化する

f:id:suzuki-kou:20151204163927p:plain

それでは、「レポート」に移動しましょう。

左メニューから、「ユーザー」→「ユーザーの分布」→「属性」を選択します。すると、右側の表示画面が変わりましたね!

上部にある「有効化」ボタンがあるので、クリックしましょう。

 

これで、「ユーザー属性とインタレスト カテゴリ」の有効化も完了です! とても簡単な設定方法でした!

(※注意点)
Googleアナリティクスの有効化完了画面では、「レポートは今すぐご覧いただけますが、データが反映されるまでに 24 時間ほどかかる場合があります。」とのこと。気長に待ちましょう!

 

利用可能なデータとは?

f:id:suzuki-kou:20151204163926p:plain

さて、設定が完了しました。

データの収集までには24時間ほどかかるようなので、気長に待つとして、ここからは利用可能データについて簡単にご紹介していきたいと思います!

ちなみに、有効化になったレポートは次の2つです。

  • ユーザーの分布
  • インタレスト カテゴリ

共に、レポートの「ユーザー」の中にあるので、確認してみましょう!

 

ユーザーの分布について

ユーザーの分布では、「年齢層」「性別」に分けられます。これで大まかなファン層がわかりそうですね!

年齢

年齢層を6つのカテゴリーに分け、分析することができます。

セグメント

  • 18~24歳
  • 25~34歳
  • 35~44歳
  • 45~54歳
  • 55~64歳
  • 65歳 以上
性別

男性・女性に分けて、それぞれの状況を分析することができます。

セグメント

  • 男性
  • 女性

 

 

インタレスト カテゴリについて

インタレスト カテゴリでは、「アフィニティ カテゴリ(リーチ)」「購買意欲の強いセグメント」「その他カテゴリ」に分けられます。ここでユーザーの興味・関心が分析でき、ファン像がより詳しくわかりそうですね!

アフィニティ カテゴリ(リーチ)

「どのような情報やコンテンツを好むのか?」「どのような日常生活を送っているのか?」がわかります。より細かくライフスタイルを識別し、それぞれ分析ができそうですね!

購買意向の強いセグメント

「どのような商品に対して購買意欲が高いのか?」がわかります。ECサイトを始め、商品購入に至るまでの情報が分析できそうですね!

その他のカテゴリ

「アフィニティ カテゴリ(リーチ)」をより具体的にしたレポートです。Googleアナリティクスのサポートページによると、

最も具体性の高い、何かに特化したユーザー層を想定できます。たとえば、「グルメ」というカテゴリはアフィニティ カテゴリに該当しますが、その他のカテゴリには「レシピ / 料理 / 東アジア」というカテゴリを設定できます。

このように、ニッチな市場の状況を知りたいときには便利な分析レポートになりそうです。

 

以上が、簡単な内容説明でした!

より詳しい内容を知りたい方は、Googleアナリティクスのサポートページ「ユーザー属性とインタレスト カテゴリについて」もご覧ください。

 

(※注意点)
この「ユーザー属性とインタレスト カテゴリ」のレポートには、情報収集できないユーザーの数は当然ながら含まれていないようです。そのため、「すべてのユーザーデータ」という考え方よりも、参考にすべき「一部のユーザーデータ」として参考にしておきましょう。

 

まとめ

ユーザーの属性や興味・関心が少しでもわかると、「だれをターゲットにすべきか?」「どのようにアプローチしていくべきか?」など、マーケティング部分が大きく改善できますね!

また、最初に設定したペルソナや目標とのギャップについてもわかり、随時修正ができそうです!

そのような意味でも、Googleアナリティクスの「ユーザー属性とインタレストカテゴリ」は大事なレポート。サイト運営において、チェックすべき指標の1つになりそうですね!

 

今回ご紹介したGoogleアナリティクスのレポートを参考に、少しでも良いサイト運営、ECサイト運営につながれば嬉しい限りです!

 

Copyright © 2016 公の心理マーケティング All rights Reserved.