公の心理マーケティング

Webマーケティングと店舗・ネットショップの売上アップのための販促や集客方法を更新しています!

「わかる」と「かわる」は同じ言葉みたいだけど、意味は全然違いますよね?


スポンサードリンク


f:id:suzuki-kou:20160319152736j:plain

 

こんにちは!
Web心理マーケターの鈴木 公(@KouShinri)です!

 

「わかる」「かわる」

同じひらがなを使い、ほとんど同じ文字列。たまに言い間違いをしそうなくらい、似ていますよね!

でも、何かを学び、自分自身を成長したいとき……。

学び、「わかる(分かる)」ことができたとしても、行動を起こして実践していかないと「かわる(変わる)」ことができない!! 

せっかく今の状況を打開しようとしているのに、「わかる」だけ終わるのか。それとも、「かわる」道を選ぶのか。ここにはやっぱり、大きな差が生まれますよね!

 

英語も、実践するから話せるようになる!

たとえば、英語を話せるようになりたい「Aさん」。

まずは英語自体を学ぼうと思い、英単語と英会話の本を買った。そして、学び、英語の仕組みがわかった

でも、これだけで実際に英語圏の人と対等に話せるか? というと、絶対に話せないですよね。

それはなぜか?

だって、「わかる」だけで終わっているから。

話せるようになりたいのであれば、行動して、実践して、「わかる」「かわる」にレベルアップしないといけない!

行動し、挑戦し、実践し、そして失敗や経験を何度も繰り返して、ようやく「Aさん」も英語を話せる人に「かわる(変わる)」ことができますよね。

 

f:id:suzuki-kou:20151225175111j:plain

 

ほとんど同じ発音だけど、「かわる」を選ぼう!

ちなみに、あなたは最近、何かを学びましたか?

Aさんと同じように英会話でもいいし、パンの作り方でもいい。お金の新しい節約方法でもいいし、サイトやブログの作り方でもいい。

でも、せっかく学ぶなら、スキルとして身に付けたいモノ!

そうなるためにも、「かわる(変わる)」ための険しい道を選んでいきたいですね!

 

まとめ

今回のポイント

  • 「わかる」「かわる」では大違い。
  • 「かわる」ためにも、何度も行動する。

もちろん、「かわる」のは険しい道だから、つまずくときだってある。

でも、つまずいたら、またそのときに立ち上がればいいだけの話。

「かわる」道に進んでいくことに挑戦していますか?

 

Copyright © 2016 公の心理マーケティング All rights Reserved.